>

何を準備すれば良いのか

何が必要なのか調べよう

どのような流れでお金が動いたのか、わかる紙を用意してください。
レシートや源泉徴収などがあれば、確定申告の時に役立ちます。
先物取引で得た利益のことを申告する場合は、その時にどのくらいのお金を入手したのか分かる紙を準備しましょう。
書類は、税務署に行くと入手できます。
参考になる紙がないと、どのくらいの金額を記入すれば良いのかわからないので戸惑います。

参考になる紙が、たくさんあった方が有利です。
初めて確定申告をする人は、わからないことが多いでしょう。
たくさんの情報が記載されている紙を用意して、確定申告に臨んでください。
先物取引を開始した日から、1年間の結果を用意してください。
1年間で、どのくらいの利益を得たのか記入します。

プロに任せた方が良い場合

税理士は確定申告のやりかたを熟知しています。
代筆を任せられるので、どうしても自分でできなかったら依頼してください。
確定申告のプロなので、間違えることはありません。
自分で書類を記入しても、間違えたら何回もやり直しになるので面倒です。
また、時間が掛からないという面も税理士に任せるメリットです。

確定申告ができる期間が残りわずかという時に、自分で記入すると間に合わないかもいれません。
時間がないと思うと焦るので、間違いが多くなります。
費用が掛かりますが、無駄な手間を省けるのでメリットが多いです。
近くに信頼できる税理士がいないか、調べてください。
最初だけ任せて、やり方を聞いて次の年からは自分で行うという方法もあります。


この記事をシェアする